【Twitter】フォロワーが伸びない時期の戦略| 引用RT・リプ・オリツイを使い分ける

フォロワーが伸びない・・・

フォロワーが少ないからツイートしても反応がなくて寂しいな。もっと いいね を貰う方法はないかしら?

初心者ながらにTwitter分析中の ユウ(@yousroom123)がこんな疑問に答えます。

この記事はフォロワー0~500人くらいの方をターゲットにした内容です。

すでにフォロワー500人オーバーの方は「ほ~ん、で?」くらいの気持ちでご覧下さい。

結論は、「引用リツイート」「リプライ」「オリジナルツイート」を主体に活用すること。

これらを効果的に使ってTwitterを3倍楽しみましょう。

☑ 記事の内容

  • 5つのツイート機能とは?
  • 実際に効果があったツイートは?

ツイート機能の分類

ツイート機能は以下の5つに分類できます。

  1. オリジナルツイート(オリツイ)
  2. リツイート(RT)
  3. 引用リツイート(引用RT)
  4. メンションツイート(@ツイート)
  5. リプライ

それぞれ紹介していきますね。

オリジナルツイート(オリツイ)

オリツイとも呼ばれるツイート機能。

Twitterのメイン機能ですね。

このように「あなたの言葉」をフォロワーに届けることができます。

ほかにも画像やリンクを埋め込めます。(その方がクリック率が上がる気がする)

メリットは『あなたの言葉』を発信できるという点。

デメリットは『基本的にあなたのフォロワーにしか届かない』ということです。

リツイート(RT、純RT)

他のユーザーの気になったツイートをあなたのフォロワーに届ける機能。

メリットは『他人の言葉の力』を借りることができるので、いいねを貰いやすい点。

ただし、タイムライン(TL)を見ると、RTではあなたのアイコンなど表示されずに「○○さんがリツイートしました」という表示になるので、直接的にあなたへのフォローに繋がりにくい点がデメリットです。

もちろん、ユーザーによって有益な情報だけをリツイートしていればフォロワー増につながる可能性はあります。

引用リツイート(引用RT)

他人のツイートを引用し、自分の意見を添えられる機能。

Tsuzukiさん
@1276tsuzuki
のブログ構成案に関する記事、さっそく読みました。
まさに設計図作り。
ここで結果の半分くらい決まるんじゃないかな?

実績もない初心者ブロガーの私は、まず昔の自分に向けた記事を書いてみます。

#ブログ初心者
#ブログ書け

基本的にはあなたのフォロワーにしか届きませんが、引用元の方からリツイートされることが多いです。

フォロワー3万人のインフルエンサーにリツイートされると、あなたのツイートを3万人に届けることができるというメリットがあります。

リプライ(リプ)

他人のツイートにコメントを残すことをリプライといいます。

リプライのメリットは、リプ元のユーザーと絡むことができる点です。

TL上で気になるツイートをしているユーザーとリプライで絡む、これがTwitterの醍醐味のひとつです。

デメリットとして、リプライした相手とそのスレッド(一連のやり取り)を見たユーザーにしか認知されないので、拡散力はありません。

しかし、リプライのやり取りからフォローに至ったユーザーは「あなたのツイートに反応してくれる」アクティブなフォロワーになりやすいので、どんどんリプを活用しましょう。

メンションツイート(@ツイート)

本文中に『@アカウント名』を付けてするオリツイをメンションツイートといいます。

あなたのオリツイで他のユーザーを紹介したいときなどに使います。

あなたのフォロワーさん以外にも、@を付けたアカウントにも通知が行くこの@ツイート。

例えばインフルエンサーに@ツイートし、この通知に反応して いいね やRTしてもらえる点がメリットです。

一方、あまり多用すると「ウザイ」と思われるかもしれません。

一日に数回、同じ人は1日1回など、節度をもって使いましょう。

インプレッション&エンゲージメントの比較

続いて上の5つのツイート機能それぞれのエンゲージメントについて、私のツイートで比較してみます。

エンゲージメントとは何か分からない方は下記の記事からご覧ください。

ツイート内容によって反応が異なるので、『各ツイート&リプの上位5件の合計』で比較しました。(純RTはアナリティクスを表示できないので除外)

エンゲージメント総数での比較

オリツイ引用RTリプライ@ツイート
インプレッション4,89816,4633,6023,765
いいね138843464
RT5703
リプライ11055
プロフクリック556621104
表1. 各ツイートのエンゲージメント数

まずは総数での比較。

圧倒的に「引用RT」のインプレッション(見られた数)が高いのが分かります。

またプロフクリック数が多いのは@ツイート。

これらは、インフルエンサーの引用RTや@ツイートをし、それを本人にRTされたから。

一方、いいねが多かったのはオリジナルツイートでした。

これは固定ツイートに貼り付けており、プロフクリック時に最も見られるので いいね が増えたと考えられます。

エンゲージメント率での比較

続いて、各数値をインプレッション数で割り、「エンゲージメント率」を求めました。

オリツイ引用RTリプライ@ツイート
いいね2.8%0.5%0.9%1.7%
RT0.1%0%0%0.1%
リプライ0.2%0%0.1%0.1%
プロフクリック1.1%0.4%0.6%2.8%
表2. 各ツイートのエンゲージメント率

『プロフクリック率』では、オリツイと@ツイートがバツグンでした

また、『いいね率』ではオリツイが圧倒的に有効でしたです。

引用RTはインプレッションの多い割にエンゲージメント数は少なかったため、率にするとあまり良い結果ではありませんね。

リプライの効果

上記のように、数値を見るとリプライは効率が悪いように見えます。

しかし、リプライは『個人に向けたメッセージ』なので高確率で返信をもらえるというメリットがあります。

そこから話題を発展させるて認知してもらえれば、フォローしてもらうことも難しくありません。(草の根活動)

個人的な体感ですが、フォロワー0~1000人くらいのユーザーさんはこの方法でフォローしてくれる人が多かったです。

ただし、FF比(フォロー/フォロワー比)を低くコントロールしているユーザーさんからフォローしてもらうには、他のユーザーにはない実績or魅力が必要になります。

そのときはフォロワー&実績を積んで出直しましょう。

目的に合わせたおすすめツイート機能

前述のように、ツイート機能によってエンゲージメントはさまざまです。

そこで、目的に応じて以下の3つの機能を使い分けることをおすすめします。

引用RTでエンゲージメント数を狙う

インフルエンサーに引用RTをリツイートしてもらえれば、一気に拡散されてエンゲージメント数を稼ぐことができます。

まさに『数の暴力』みたいなものなので、気になるインフルエンサーを何人か決めて引用RTすると効果的です。

ただし、引用RTの質が低ければリツイートしてもらえません。

『補足説明する』、『自分の意見を添える』、ときには『反対意見も提示する』などして、ほかのユーザーとの違いを出して目に留まるようにしましょう。

リプライでアクティブユーザーと繋がる

アクティブにいいねやツイートをしているユーザーにはどんどんリプを送りましょう。

特に、あなたのツイートに いいね をくれたユーザーは、あなたに興味がある可能性が高いです。

こちらからも いいね を返したり、リプを送って絡みましょう。

特にフォロワー数が多い(1000人以上)ユーザーはリプ欄を見ているファンも多くいます。

あなたのリプが彼らの目に入ることで、そこから新たな関係に発展する可能性もありますよ。

オリツイで自分の意見を発信

これこそTwitterの醍醐味。

あなたの意見を発信することで、『あなたのファン』を増やしてください。

引用RTのように『他人の言葉』ではなく『あなたの言葉』に耳を傾けてくれるフォロワーを増やすことがインフルエンサーへの道だと、私は考えています。

ただ、オリジナルツイートは基本的にあなたのフォロワーさんにしか届きません。

まずはリプや引用RTでフォロワーを増やし、ファンにいいねやリツイートで拡散してもらう、という順序で進める方が効率的です。

フォロワーが少ない時期の戦略:まとめ

☑ まとめ

  • ツイートにはオリツイ・RT・引用RT・リプライ・@ツイートの5つがある
  • 引用RTでインフルエンサーからのリツイートを狙う
  • リプライで個別にフォロワーを増やす
  • オリジナルツイートであなたのファンを増やす

Twitterはその機能知っておけば、より効率的にフォロワーを増やすことができます。

一方で、リプライなどを通しての会話を楽しむのもTwitterの楽しみ方です。

効率ばかり求めていてはファンが去っていくこともあるので、リプや企画を行い、Twitterを楽しみながらフォロワーを増やしましょう。

コメント