話題の新刊を安く読む方法| フリマアプリを活用しよう

話題の新刊を安く読む方法_ フリマアプリを活用しよう

今回は、限られたお小遣いで本を買っている ユウ(@yousroom123)が実践している『話題の新作を安く読む方法』を教えます。

☑ 記事の内容

  • 話題の新刊を手に入れる方法
  • 読んだらフリマアプリで売ろう
  • フリマアプリで売れやすくなるコツ

結論は、読み終わったらフリマアプリで高く売るだけ。

簡単で再現性のある方法なので、ぜひ参考にして下さい。

話題の新刊を読む方法

まずは本を手に入れる方法から。

それぞれのメリット・デメリットを併せて解説します。

①本屋で買う

最も古典的な方法。

メリットは、内容を少し立ち読みして買うかどうか判断できる点。

デメリットは、店舗に行く必要がある点と、割引などが少ない点です。

②中古書店で買う

ブックオフなどの中古書店を利用する方法です。

メリットは、少し安く買える点。

デメリットは、こちらも店舗に行く必要がある点と、本の状態が悪い可能性がある点です。

③ネットで買う

Amazonや楽天を利用して本を買う方法。

メリットは、店舗に行く必要がない点と、購入先のポイントが溜まる点。

デメリットは、本の内容を確認できない点。

④電子書籍で買う

最近は一般にも浸透してきた『電子書籍』として本を買う方法。

メリットは、置場に困らない点と、よくセールをしている点。

デメリットは実物の本が手に入らない点。

⑤図書館で借りる

最後は昔ながらの図書館利用です。

メリットは、無料で本を読める点。

デメリットは、本を返却する必要がある点と、話題の本は予約待ちになる点。

話題の新刊はフリマアプリで売ってしまう

今回のテーマである『話題の新刊を安く読む方法』の結論は、本をフリマアプリで売ることです。

中古販売なので差額分はお金が出ていきますが、それも数百円。

読み返さない本を手元に置いておくよりは合理的です。

本を売る方法は3つ

実際に本を売る方法は3つあります。

  1. 中古書店で売る
  2. 知人に売る
  3. フリマアプリで売る

1.中古書店で売る場合、買取価格は低めですが、確実に現金化できます。

また、その本を欲しがっている知人が周囲にいなければいけないので、2.知人に売るのは難易度高め。

私のおすすめは、3.フリマアプリで売るです。

理由はシンプルで、日本中のユーザーが販売対象になり、かつ値段設定を自分でできるから。

おすすめはメルカリ

では、どのフリマアプリで売れば良いのか。

私のおすすめは『メルカリ』です。

大手のフリマアプリでは、メルカリ・ラクマ・ヤフオクがあるので、簡単に比較します。

メルカリラクマヤフオク
販売形式フリマフリマオークション
販売手数料10.0%3.85%10.0%
振込手数料200円210円100円
表. メルカリ・ラクマ・ヤフオクの比較

※ 2020年4月時点の情報です。実際に利用する際は当該サイトの規約をご覧ください。

一見すると、販売手数料ではラクマが、振込手数料ではヤフオクが有利に見えますね。

しかし、メルカリが有利なのはその『利用者数』です。

2019年4月時点のPCとスマートフォンの重複を除いた「トータルデジタル」でオンラインショッピングサービスの利用者数をみると、(中略) フリマサービスでは、「メルカリ」が2,216万人(同+33%)、「ラクマ」が1,115万人(同+34%)とそれぞれ大きく利用者数を伸ばしました

nielsen『「アマゾン」、「メルカリ」、「ラクマ」の利用者数は昨年同月比で2桁成長』より引用

2019年4月時点ですが、メルカリとラクマでは利用者数が約2倍ちがいます。

また、以下は2018年時点のデータだが、ヤフオクの利用者数をメルカリが上回ったことが分かります。

ヤフオク対メルカリについて、スマホからの利用者数推移を見ていく。(中略) 6月にはメルカリが1751万人、ヤフオクが1609万人と逆転。以降メルカリはヤフオクを上回り続け、10月のスマホ利用者数は1800万人を超えた。

MONO TORENDY『楽天対アマゾン、ヤフオク対メルカリ 利用者数が逆転』より引用

『利用者数が多い≒購入される確率が高くなる』という観点から、私はメルカリをおすすめします。

私の実績を公開

実際に、私がメルカリを利用して本を売った実績を一部紹介します。

状態購入額 (円)販売額(円)損益(円)
ビジネス書新品1,5401,350-500
ビジネス書新品1,3201,100-505
自己啓発書中古800750-300
小説中古1,0001,200-95
表. ユウのメルカリでの販売実績

※ 損益=販売額ー手数料ー送料ー購入額

このように、話題の新刊を新品で買っても、フリマアプリで販売すると差し引き500円くらいで読むことができます。

フリマアプリで本を売るコツ

この方法は『本が売れること』が前提です。

そこで、実際に私が活用している「本を売るコツ」を紹介します。

相場に合った値段設定

人気の本であるほど、メルカリで本を売ろうとする競争相手も多くなります。

この競合の『相場』より、高い値段で売ろうとしてもなかなか売れません。

相場にあった値段設定を心がけてください。

相場の調べ方は簡単。

メルカリで本の名前を検索し、右上のメニューから「絞り込み」→「販売状況」→「販売中」にチェックを入れるだけ。

検索結果から、販売中の本の相場を確認するだけ。

あとは「できるだけ高く売る」のか「安くても早く売る」のか、状況に応じた値段設定をしてください。

折り目や書き込みはNG

折り目や破れ、書き込みがある本は売れにくいです。

同じような値段であれば、「キズや汚れ有り」よりも「目立ったキズや汚れ無し」の方を選びますよね。

本を読む際、折り目・破れ・キズ・書き込みのをしないよう注意しましょう。

万が一キズなどを付けた場合、販売の際にはそのことも商品説明に書きこんでください。

落札後に、「商品説明に書いていた内容と違う」というクレームを出してしまうと、その処理が面倒で、最悪の場合は返品となってしまいます。

実績を積み上げ評価を上げる

メルカリでは、『販売実績数』と『評価』が高いほど、あなたの信頼が高まります。

Aさん:販売実績数=3、評価=★4つ

Bさん:販売実績数=100、評価=★5つ

同じ値段のものを売っているなら、AさんとBさんのどちらから買いたいと思うか、明白ですよね。

商品説明で嘘をつかない、発想が遅れない、丁寧に梱包する。

基本的なことを守り、あなたの評価を上げて信頼を得ましょう。

私の失敗談 ~商品状態が不適切だった

参考までに私の失敗談をひとつ。

メルカリを使い始めた頃、中古のアクセサリーを販売した話。

それなりに使い込んでいましたが、私の主観で「目立ったキズや汚れ無し」として出品しました。

しかし、落札者様から「アクセサリーの一部が汚れている」と言って返品の依頼が。

言われればアクセサリーには少し汚れがありましたが、「個人的には」気にならないレベルでした。

だから「目立ったキズや汚れ無し」としたのですが、結局は返品対応となりました。

商品で少しでも気になることがあれば、素直に商品説明に書く。

これ、評価を下げないためにも大切です。

話題の新刊を格安で読む方法:まとめ

☑ まとめ

  • 話題の新刊はメルカリで売ろう
  • 相場に合った値段を設定しよう
  • 折り目やキズをつけるのはNG
  • 販売実績数&評価を積み上げて信頼を高めよう

月に5冊の本を読めば、8,000円ほどかかります。

しかし、この方法なら5冊で3,000円ほどの出費に抑えることができます。(実体験)

「本を読んで自己投資をしろ」という人もいますが、その為にはお金も必要です。

この出費をできるだけ抑え、かつ必要な自己投資を行える環境を作りましょう。

コメント