【ブログ】WordPressアプリでスキマ時間を活用| 使い方とメリット・デメリット

【ブログ】Wordpressアプリでスキマ時間を活用_ 使い方とメリット・デメリット

ブログを書きたいけど、パソコンを開く時間もなかなか取れない・・・

もっとスキマ時間でブログが書けないかしら?

家事や会社のスキマ時間でブログを執筆している ユウ(@yousroom123)がこんなブロガーさんの疑問に答えます。

☑ 記事の内容

  • WordPressアプリのメリットは?
  • WordPressアプリのデメリットは?
  • ローカル保存はしない?

結論は、スマホアプリでスキマ時間に作業すればOK

いくつか注意点もありますが、あなたのブログ執筆を効率化できますよ。

WordPressアプリの使い方

存在を知らない人も意外と多いこのアプリ。

まずはアプリの使い方を簡単に説明します。

メニューでやることを選ぶ

メニューから選べる主な機能は以下の5つ

  1. 統計:統計データを見る(プラグイン必要)
  2. サイトページ:固定ページを閲覧編集する
  3. ブログ投稿:記事を編集投稿する
  4. メディア:画像などをアップロードする
  5. コメント:コメントを編集する
wordpressアプリ画面(メニュー)

各メニューの機能はパソコンで操作する時と同じなので、ここでは詳細を省きます。

記事を書く

主に使う『記事の編集』について解説します。

【投稿】をタップすると、下の画像のように『公開済み』『下書き』『予約済み』『ゴミ箱』と、その中にある記事の一覧が表示されましたね。(パソコンとおなじです)

wordpressアプリ画面(投稿画面の記事一覧)

編集したい記事を選びタップすると、下の画像のようにブロックエディターでの編集画面が表示されます。

wordpressアプリ画面(ブロックエディター)

エディターを変更したい場合は右上をクリックして変更できます。

テキストエディターではこんなかんじ。

wordpressアプリ画面(テキストエディタ―の画面)

旧エディターではこんなかんじ。

wordpressアプリ画面(旧エディタ―の画面)

あとは、好きなエディターで編集するだけです。

より細かな使い方は下記のサイトが参照になります。

WordPressのスマホアプリで手軽に記事を投稿する方法

Samurai Blog より

保存方法と注意点

WordPressアプリで記事を保存するには、『ローカル保存』と『オンライン保存』の2つの方法があります。

オンライン保存は契約サーバー上への保存(普段のパソコン操作と同じ)なのですが、ローカル保存はスマホに保存されます。

画面左上の『←』を押すとローカル保存です。

イメージはこんなかんじ。赤がオンライン保存、青がローカル保存です。

wordpressアプリ(ローカル保存とオンライン保存)

この時、ローカル保存のままだと、編集した記事がサーバーにアップロードされません。

パソコンで記事を編集する前に、記事画面右上のメニューをタップし『保存』を選択し、オンライン保存しておきましょう。

WordPressアプリのメリット

続いてWordpressアプリのメリットを紹介します。

スキマ時間で作業できる

一番のメリットは『パソコンを開かなくて良い』という点。

通勤時間や家事のちょっとしたスキマ時間でブログ執筆ができます。

私の場合、仕事の休憩や通勤のスキマ時間で約60分のブログ執筆時間が増えました。

フリック入力の方が早い

10~20代を中心に、キーボードよりもフリック入力の方が早い人は大勢います。

 神奈川大学非常勤講師で情報処理を教える尾子洋一郎さんは若者のPC離れの理由についてこう語る。

 彼らは初めての携帯がスマホという世代。だからPCの電源を入れることなく、ネット世界と繋がってきたため、PC自体が苦手なんです。だから若者にとってはPCのキーボード入力より、スマホのフリック入力の方が断然速い。90分授業の中で、時間内に課題の文書を仕上げられない学生も少なくありません」

女性セブン『若者のPC離れ、キーボードよりフリックが速く上司嘆く』 より

フリック入力が得意な人であれば早く記事が書けるので、パソコンよりスマホの方がおすすめです。

オフラインで作業できる

外出先でスマホを使っているとデータ使用量が気になります。

しかし、このWordpressアプリは記事を編集するだけであればデータ通信を行いません。

記事を編集したらローカル保存しておき、パソコン作業できる環境になったらオンライン保存する。

データ使用量が気になる方にはこんな使い方がおすすめです。

WordPressアプリのデメリット

続いて、スマホアプリのデメリットも紹介します。

画面が小さい

スマホなので仕方ありませんが、下の画像のようにテンキーを出すと1~2ブロックしか表示できません。

wordpressアプリ画面(ブロックエディターの編集画面)

前後の文章を見直すときにスクロールしなければならず、人によってはストレスに。

スマホの画面サイズはどうしようもありませんが、デメリットのひとつです。

ローカルとサーバーに2重でデータが競合する

前述した『ローカル保存』と『オンライン保存』。

スマホ内とサーバー内に2つの記事が存在している状態で、ときには記事を誤って消してしまう恐れもあります。

スマホで1000文字作成→ パソコンで2000文字追加→ 誤ってスマホの記事をオンライン保存。

これで追加した2000文字は消えてしまいます。

保存する際は『ローカル保存』『オンライン保存』に注意しましょう。

ローカル保存で失敗した話

私も約3000文字の記事がぶっ飛んだ経験があります。

【悲報😿】
昨晩、スマホのWordpressアプリで書いた記事がなぜか保存できてなかったでござるorz
内容は覚えとるけど、書き直しかぁ
萎える( ノД`)…
#ブログ書け
#ブログ初心者
皆さんはブログ書くのはパソコン? スマホ?
👇良かったら教えて下さい🐈

ホントに焦りました。

  1. ローカル保存:左上の『←』をタップ
  2. オンライン保存:右上のメニューで『保存』をタップ

保存方法には十分注意しましょう。

WordPressアプリでスキマ時間を活用:まとめ

☑ まとめ

  • メリット①→スキマ時間を活用してブログが書ける
  • メリット②→フリック入力で素早く書ける
  • メリット③オフラインで作業できる
  • デメリット①→画面が小さくて見にくい
  • デメリット②→保存方法を間違うと最新の記事が上書きされてしまう

デメリットもあるWordpressアプリですが、実際使ってみるとメリットの方が大きかったです。

家事や仕事に追われてまとまった時間がない副業ブロガーさん。

このWordpressアプリでスキマ時間を活用してみませんか?

コメント